ハウリンの雑念だらけで生きている

どうでもいい事を書いていきます。

蜷川実花監督 映画「人間失格」太宰治と3人の女たち を見てきた。ネタバレ注意。

   f:id:twistinhaurin:20191002163752j:plain

蜷川実花監督、小栗旬主演の太宰治人間失格」を見てきた。

酒と恋に溺れる日々を送っていた太宰が「人間失格」を書き上げるに至った経緯が描かれている。

3人の女たちには宮沢りえ沢尻エリカ二階堂ふみというのも興味深々。

太宰の妻美智子役に宮沢りえ

作家志望の愛人静子役に沢尻エリカ

太宰の最後の女役に二階堂ふみ

なーんでこんなダメ人間に惚れてしまうのか?

どんなにダメ人間でも才能に惚れると溺れていってしまうのか?

末っ子か一人っ子か!と思うほど自分勝手な男(個人の勝手な想像ですいません)。

実際には弟がいました。

使用人もいた様な大地主の家に生まれたみたいなので、やはり我がままに育ってはいるかもしれません。

 

オープニングは海辺での心中シーンから始まるが、一緒に死のうとした女が最後に発した言葉が違う男の名前で「え?」となり一人海から上がってくる。

相変わらずの堕落した生活の中、「斜陽」のモデルとなった太田静子から手紙を受け取り小説を書く指導をして欲しいと言われ会う事になり、文才に惚れ愛し合いう様になり子供が欲しいと言われる。

妻との間には2人の子供がいて更に身重なのに。

参考にしたいからと静子の日記を借り「斜陽」を発表。

その頃山崎富栄と知り合い「君は僕が好き」などと言い救いを求めていく。

静子との間には子供が生まれ「治子」と名付ける。

富栄は太宰に溺れていき、美智子はそんな夫を我慢強く見守り才能を信じ叱咤するが心が折れそうになってくる。

太宰の体はもうボロボロ。

太宰は「人間に失格した男」の話しに取り掛かっていくが・・・

 

書き終えた太宰は 妻への遺書などを残し富栄と共に玉川上水に身を投げる。

遺体が上がる。

美智子への遺書には「美智様、お前を誰よりも愛していました」と書かれていた。

今までのモヤモヤが晴れたかの様に美智子は普通の生活に戻っていく。

 

富栄の遺書には「こんな幸せな死に方をしてすいません」と書かれてたらしく、そこまで想える相手がいるって凄いと思いました。

 

映画を見て勝手にいろいろ思った所書いてみます。

・最初の妻、初代が不貞をしてショックを受け後に離婚するのに自分はするのねーと思った。

・静子が幸せそうに歩いて行く梅畑が印象的だった。 

・静子、富栄には「一緒に溺れよう」などと言い、妻の美智子には甘えるのね。 

二階堂ふみの濡れ場は見事。沢尻エリカももう少し出しても良かったのでは?

・美智子が子供たちとインクを泣きながら顔に塗るシーンはもう少し短くてもと思いました。 

彼岸花の咲き誇るあの場所は何処?

・最初から最後まで色彩豊かで、 女優陣の衣装もイロトリドリで素敵でした。

・最後美智子が戸を開けた時の庭の菖蒲が印象的。

・こんなダメ男に惚れてしまうのに最後は女の強さが心に残ります。

・男優陣は脇役にすぎない。

・本当に女は強い! 

・結局ダメ人間の弱いところに人間的魅力を感じ惹かれるのかも。

・エンディングの東京スカパラダイスオーケストラftチバユウスケの「カナリヤ鳴くころ」も良かった。

 

などと、なんだかんだと書きましたが、太宰治にとても興味が湧いたし映画は楽しく見れました!

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』公式サイト

 

心に響く魂の歌声「T字路s」伊東妙子と篠田智仁によるブルースデュオ。

f:id:twistinhaurin:20191012153740j:plain

伊東妙子(ボーカル、ギター)と篠田智仁(ベース)によるデュオ。

フォーク、ブルース、ロックンロールを飲み込みつつに伊東妙子が心に沁みる歌声をジ

ャンルの壁を超えダイナミックに響かせる。

 

2010年結成。

2016年映画「下衆の愛」に主題歌「はきだめの愛」を書き下ろし提供。

2017年初のオリジナルフルアルバム「T字路s」をリリース。

    フジロックなど多数のイベントに出演。

    NHK Eテレ「シャキーン」に楽曲、演奏、歌唱を提供。

2018年夏にそごう、西武で開催された「お買い物ブギWEEKS」で笠置シヅ子の昭和の

    大ヒット曲「買い物ブギー」の歌詞をアレンジカバーした「買い物ブギ〜西

    部・ そごう 2018ver.〜」を発表し話題になる。

    ほっかほか亭の新CM「人生なんて、日替わりだ」の歌唱を担当する。

f:id:twistinhaurin:20191012161431j:plain

f:id:twistinhaurin:20191012161418j:plain

www.youtube.com

    

2019年セカンド・アルバム「PIT VIPER BLUES」をリリース。

    RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO他多数イベント出演。

 

DISCOGRAPHY

2010年 自主制作1st CD「T字路s」(現在廃盤)

2012年 2nd CD「マヅメドキ」

2013年 3rd CD「これさえあれば」

2015年 カバーアルバム「Tの讃歌」

2017年 オリジナル・フル・アルバム「T字路s」

2019年 セカンド・アルバム「PIT VIPER BLUES」

 

妙子さんの迫力ある歌声と篠田さんの物静かながらリズミカルな演奏で「T字路sのテー

マ」で締めたい。

「新しい町」(カンザスシティバン)なども良いですが、「まむしは眠ってる」が個人的

には好きです。

妙子さんのレトロな衣装もかわいいです。

 

毎回グッズもかわいいのですが、2019年ツアーのグッズ「T字路s 酎ハイグラス」「六

角Tシャツ」「Tバッグ」自分的に上がりましたw

T字路s オフィシャルWebサイト

 

首都圏では大きな箱でのライブになってきてますが、たまには昔みたいに飲み食いしながら見れる場所で見たいです。

2016年 映画『下衆の愛』に主題歌「はきだめの愛」を書き下ろし提供、映画と共に話題を集める2016年 映画『下衆の愛』に主題歌「はきだめの愛」を書き下ろし提供、映画と共に話題を集

カンザスシティバンド(KANSAS CITY BAND) カッコよくて懐かしいジャズ ブルース

f:id:twistinhaurin:20191008161625j:plain

カンザス5(5人構成)とカンザス10(10人構成)があると思います。

1997年に臨時編成でスタート。

1999年定期的なライブ活動開始。

2001年、1stアルバム「バレルハウスで☆ヘイ!ヘイ!」発表。

2011年の「COME  IN!」、2012年の「GET  OUT!」は10人編成で録音されたKC10シリーズで、ビックバンド風のサウンドに乗せてブルースやジャス、昭和の歌謡曲の関連性を意識的に打ち出した作品です。

「新しい町」は名曲です。

 

私はこの頃幸運にもKC10でライブを見たのですが凄くカッコよく、懐かしい感じもしました。

この頃リーダーの下田卓さんが仲間由紀恵ファンで「ゆきえちゃ〜ん!」と言っていたと記憶してます。

 

最近はKC5でのライブが多いみたいですが是非KC10で見たいです。(KC5も凄くいいです!)

kcboffice.wixsite.com

 

 

2001年、1stアルバム『バレルハウスで☆ヘイ!ヘイ!』を発表2001年、1stアルバム『バレルハウスで☆ヘイ!ヘイ!』を発表

ハウリンハチマ(HOWLIN' HACHIMA) 激しいリズムアンドブルースを投げつけられる。

f:id:twistinhaurin:20191008153642j:plain

ハッチハッチェルがデキシード・ザ・エモンズの後に組んだバンド。

ドラムスティックをギターに持ち替えて激しいリズムアンドムルースを放ちまくる。

ハウリンハチマの頃まで英語でロックやブルースなどハードな曲調のボーカル、ギター、ドラムでした。

めちゃくちゃカッコいいです。

 

アルバム3枚出てます。

ハウリンハチマ

フィール・ソーグッド

BOWL IT BABY

 

絶賛解散中ですがデキシーより回数はかなり少ないと思いますが復活する時があるので要チェック。

騒音寺のなべさんがハッチに「ロックやってると心が荒れる」と言われたらしく「そんな事ないよー」と言ってましたが本当にそんな事ないので定期的に復活して欲しいです。

ハッチハッチェルオフィシャルHP

 

 

 

 

デキシード・ザ・エモンズ(DEXIED THE EMONS) 年に数回しかやらないライブは要チェック!

f:id:twistinhaurin:20191002205958j:plain

2006年に解散しているが、デキシード・ザ・エモンズとはアベ・ジュリーとハッチー・ブラックボウモアが1990年に結成したバンド。

アベ・ジュリーは本名と沢田研二の愛称が由来。ボーカル&ギター。

ハッチー・ブラックボウモアは本名とおそらくウイスキーの銘柄が由来なのではと思っている。ドラム&コーラス。

 

モッズスタイルと、ガレージサウンドグラムロックなどハイテンションなライブパフォーマンスで下北沢を中心に人気を得る。

 

シングルは11枚。

アルバムは18枚。

ビデオ&DVDは3枚。

 

絶賛解散中ではあるが思い出したかの様に2013年から年に何回か復活しているので要チェック。

デキシード・ザ・メイコスもある。

 

それぞれソロで活動中でいろんなスタイルでやっている。

把握しきれないので自分で確認して欲しい!

アベジュリー

ハッチハッチェル